キャバ嬢と付き合うことってできるの?

キャバ嬢と付き合いたい人にとって、どうすれば恋愛関係に持ち込むことができるのか、興味は尽きないところではないでしょうか。
疑似恋愛を楽しむ場であるキャバクラで、果たして本気の恋愛をすることはできるのでしょうか。

キャバ嬢と話をする様子キャバ嬢にとって、お客さんはあくまでもお客さんでしかありません。
まるで恋愛をしているかのような連絡のやり取りも、キャバ嬢にとっては仕事のうちでしかないのです。
しかし、キャバ嬢もひとりの女性なので、本気でお客さんに惚れることもあります。

キャバ嬢は接客中、お客さんの身だしなみを厳しくチェックしています。
身だしなみに清潔感のあるお客さんは、お金にも余裕がある、つまりキャバ嬢にとっても良いお客さんであると言えるからです。
お客さんが足繁く通ってくれるようになれば、キャバ嬢もそのお客さんを特別扱いするようになります。

キャバ嬢との関係が疑似恋愛なのかそうではないのかは、アフターに誘った時の反応で分かります。
前者の場合、キャバ嬢はアフターの誘いは基本的に断ります。
同伴の場合は同伴バックという形でメリットがありますが、アフターには仕事としてのメリットは何もないからです。

つまり、アフターに誘ってOKをもらうことができたら、それは疑似恋愛から本気の恋愛に進みつつあるサインなのです。
アフターは仕事ではなく、プライベートなものだからです。
仕事上の付き合いではなく、プライベートでひとりの女性として楽しむ時間を、お客さんと共有しようとしていると判断できます。

実際に、キャバ嬢と付き合っている男性は少なくありません。
自分の彼女がキャバ嬢として働いていることを容認しながら、別のキャバクラに通っている男性もいます。
本気の恋愛をしながら、キャバクラのお客さんとして疑似恋愛を楽しむ、というのもキャバクラの楽しみ方のひとつだからです。

ただのお客さんと店員の関係から本気の恋愛に持ち込むためには、まずは身だしなみを整えることから始めましょう。
決して高級な服を身に着ける必要はありません。
身だしなみに気を遣っていると分かること、清潔感のあることが、本気の恋愛への第一歩です。

また、自分が先に惚れるよりも相手から惚れるように仕向けることもテクニックとしては有効です。
あくまでもお客さんとしての立場で楽しみながら自分に惚れさせることができれば、接客の中で、疑似ではない本気の恋愛だと感じさせてくれるサインを見付けることができるはずです。